マウスコンピューターのSSD搭載ノートPC「MB-B502E」を購入レビュー!コスパ高そう!

スポンサーリンク

家で何か思いついたときに、手近に置いておいて、気軽に使えるノートパソコンが欲しいと思い、ネットで探してみたところ、良さそうなものが見つかったので、Amazonで購入しました。さっそくレビューしてみたいと思います。
Mouse MB-B502E この「mouse ノートパソコン MB-B502E Windows 10/Celeron N3160/15.6インチ/4GBメモリ/240GB SSD 」。選んだモデルはSSD240GB/メモリ4GBのもの。最近、乃木坂46が出演するTVCMでもよく見かけるようになったマウスコンピューターの製品。そのテレビCM公開を記念した特別モデルということです。

思いついたときに電源オンすれば、すぐに立ち上がって使えるという事が選択の第一条件だったので、SSD搭載というのは必須条件でした。電源オンしてから、カリカリ音に待たされて、やっと立ち上がったころには、何をしようとしていたんだか忘れてしまった!なんてことのないように(笑
このノートPCは240GBのSSDを搭載していて4万円を切る値段。同じようなスペックで同じような値段の物は他を探しても見つかりませんでした。かなりコストパフォーマンスが良いです。

私の選んだモデルの主なスペックは、CPUが「Celeron N3160」、メモリーが4GB DDR3L、ストレージが240GB SSD。OSは64bit版「Windows 10 Home」をプリインストール。無線通信は、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LANBluetooth 4.2 LEに対応。
インターフェイスは、USB 3.0×2、USB 2.0、HDMI×1、アナログRGB×1、ギガビットLAN×1、カードリーダー×1、ヘッドホン(S/PDIFオプティカル出力兼用)×1、マイク×1を装備。バッテリー駆動時間は約5.4時間。本体サイズは377(幅)×22.8(高さ)×259(奥行)mm。重量は約2.2kg組み立ては信頼の飯山

Amazonプライムで午前中に注文した翌日の午前中にはヤマト便で手元に届くという迅速さでした。

さっそく開梱

ノートPC本体、保証書、説明書、バッテリー、ACアダプターと商品構成はいたってシンプル。箱だけでなくキーボード横にも「飯山TRUST信頼の国産品質」のシールが貼ってあります。キーボード横のシールは綺麗に剥がせます。さすがに国内産メーカーだけあって、説明書も丁寧につくられています。しかし初心者には少々難しい内容かもしれません。















学ドライブは搭載されていないので、もちろんCDもDVDも付いてきません。
そのおかげか、思っていたよりもスリムな印象。周辺機器をつなげるインターフェースは豊富なので、いざというときは外付けで対応するのもありです。
全体の質感や見た目は飾り気なくシンプルで問題ありません。艶消しのサラサラな質感の本体なので指紋も気にならないです。

さっそくACアダプターを繋げて電源オン!
液晶パネルを開くと、ヒンジの部分がせり上がって、自然とタイピングしやすい傾斜になります。初期設定は、画面に表示される案内通りに進めばOK。すぐに使えるようになります。

何日か使ってみた感想です。
SSDの恩恵を受けて、起動はさすがに速いです。自分としてはこれだけでももう満足です。使いたいときにすぐに起動するというのは、イライラせずに済んで精神的にも楽です。キータッチの感触も良いです。キーを打っている実感がしっかりあります。
液晶画面は普通に見られるレベルです。特に綺麗とは感じませんが、文字が見づらいということもありません。ただ、高精細な写真とかを見るには向かないと思います。
重さは2.2Kgですがバッテリーの出っ張りに指をかければ、片手で掴んで持ち運べます。お薄めしませんが(笑。少なくとも家の中で持ち運ぶ分には全く問題ない重量です。 CPUとグラフィックの性能は高くないので、高度な動画編集とかバリバリの3Dゲームなどには無理がありそうですが、ネットブラウジングや文章作成などをするには、十分なスペックだと思います。メモリースロットが一つ空いているので4GBのDDR3Lを追加しようか検討中です。

しかし、アプリケーションが最初から色々と揃っていて、「はい、どうぞ、なんでもできますよ」というような大手メーカー製のパソコンと違って、ほぼ素のパソコンなので、「ダウンロードって何?」というような初心者には少々難しい製品かな?と思います。

とにかく使いたいときにすぐに使える、コストパフォーマンスに優れた、お気軽普段使いに最適のノートパソコンです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。